知らなくても良いけど、知ってるとちょっとだけ得しちゃうかも? そんなギター関連の機材ネタ・比較ネタ等マニアックに取り揃えております♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺的ギターヒーロー列伝 Vol.6

どうもこんばんは、freakyです。

いよいよ12月に入ってしまいましたね~。

寒くなってくるとギターを弾いても指が動かなくて困っちゃいますよね。

特に俺は指先等の末端が軽く冷え性なので冬場は大変です(汗)。
そして、クリスマスやら忘年会やらで財布も冷え性になりそうです(T T)


さて今回は、息抜き的なコーナー「俺的ギターヒーロー列伝」でございますよ♪

前回の記事とかディープ過ぎましたからね。

今回は軽~く読んで下さいませw


今回のヒーローはこの方!

マイケル


はい、そんなわけで、今回のギターヒーローは、
飛翔神ことMichael Shenkerです!

っていうか、誰が命名したか知りませんが、飛翔神って意味不明ですよね(笑)。


ロックギタリストでマイケル・シェンカーの名を知らないなんてあり得ないと思いますので、いつもの如く細かい経歴は割愛です。


でもマイケルというと、今時のギタリストにとってはARCH ENEMYのMICHAEL AMOTTとかになるんですかねぇ。

あれ?俺も今時のギタリストのはずなのにおかしいな(笑)。


まぁそれはさておき、マイケルといえば数々の奇行伝説もある、ギター界指折りのお騒がせ男であることは間違いないですね(笑)。

プロになって何十年もキャリアがあるのに、未だに「もう出来ない」とか言い残してステージを去ることが出来るなんて、マイケルか玉置浩二かってぐらいですよ(笑)。

その後は決まって「体調が悪かった」とか言い訳するところもそっくりですなぁ(笑)。



そんな愛すべき(?)マイケルですが、俺が最初に知ったのは、歴史的名盤の名に相応しいMSGの1st「MICHAEL SHENKER GROUP」だったと思います。

「泣きのギター」という文句に釣られて買ったこのアルバムは今も時々聴きますね♪

まぁ今聴くとプロダクション的にはイマイチで、音がスカスカしてるなぁとは思いますが(笑)。

でもマイケルのプレイは最高ですね!


やはりハイライトはマイケルの代名詞的存在とも言える"Into The Arena"ですかね♪



この映像は所謂第二期MSGでして、ドラムにコージーが参加してるのが美味しいですね♪

1981年のライブらしいですが、かなりキレイな映像でビックリです!

パフォーマンス的にはマイケルのベストではないかなぁと思っちゃいましたが、貴重な映像には間違いないので載せてみました♪

ってかマイケル、メチャ若いですね(笑)。


そしてMCをするのがKey兼Gtのポール・レイモンドってのがちょっとウケます(笑)。

本来のフロントマンであるゲイリーは、この曲ではサイドギターのようですが、いかんせん全然映ってません。

まともに弾いてるフレーズも三連リフの裏の「ジャジャジャジャー♪」ぐらいじゃねぇ?って気がしましたが、動画の2分過ぎに映る姿からは、とても楽しんでいそうな様子がうかがえますね(笑)。


そして一番謎なのが、4:39辺りで急に表示される「INTO THE ARENA」の文字!

こんな曲の最後で出さなくてもタイトルぐらい分かってるよ!って感じですね(笑)。



さて、そんな感じで定番の「神」から入った俺でしたが、同じくしてライブ盤も買いまして。

1997年の日本でのライブを収録した「THE MICHAEL SHENKER STORY LIVE」というやつです。

マイケルのデビュー25周年記念ライブでして、各アルバムの曲を基本的に1曲ずつ披露している長尺のライブです。

これは確かGIGS誌で当時のSEX MACHINEGUNSのメンバーだったSUSSYが「このアルバム良いよ~」とか語ってたのがきっかけで買いました。

マイケルファンの中でこのアルバムがどの程度評価されてるのかは分かりませんが、俺はかなり好きですね♪

90年代のマイケルなんて、と思う方も少なくないでしょうが、バンドのパフォーマンスも安定していてとても良いです。

リズム隊はB'zのサポートでもお馴染みのBarry SparksとShane Gaalaasですし♪


まぁ肝心のVoは一本調子でちょっとアレなんですけど(笑)。

ってかマイケルって結構ボーカル選びのセンスはアレですよね(笑)。

リッチーなんかは毎回素晴らしいボーカルと組んできましたが、マイケルは...


そんなライブですが、YouTubeに映像がありましたので載せてみます♪



UFO時代の代表曲"Lights Out"ですね♪

このライブは映像は持ってなくて、今回初めて観たんですが、カメラワーク酷いですね(笑)。

明らかに1台のカメラしか使ってない!w

そのせいでやたら遠目で全体を映すカットが多いし、そのカメラでズームイン&アウトを繰り返してくのは非常に滑稽ですね(汗)。

どんだけ予算無かったんだって感じですね。

ギター界が低迷した90年代とはいえ、あのマイケル・シェンカーでさえこのような扱いとは...

う~む、複雑。


しかし、マイケルのプレイは良いですよ♪

ギターソロも淀みなくキメてくれます。

マイケルはこう見えて凄く練習熱心みたいですからね~。

マッコーリー時代からは現代的な速弾きプレイも目立つようになりました。

まぁそれが従来のファンからしたら「らしくない」ということなのかも知れませんが、味だの円熟だのという言葉に隠れて練習してないプロよりはずっと素晴らしいと思います♪


それにしても、バンド全体のルックスが完全に「ヘヴィメタル」なのは流石にいかがなものかって気はしますね(笑)。




さてさて、やはりマイケルといえばUFOについて触れないわけにはいきませんね!

やはりあの時代が一番輝いていたという意見も多いことでしょう。


そんな若かりしマイケルの映像がコチラ♪



1975年のライブ映像だそうです♪

この時のマイケルは何とまだ若干20歳!

曲は勿論"Rock Bottom"です!!


フロントの三人が全員上半身裸なのは若気の至りでしょうか(笑)。

普通は一番暑いだろうドラムだけがちゃんと服を着ています(笑)。


マイケルが若いのは勿論のこと、他のメンバーもメチャクチャ若いですねぇ。

フィルとかこんなにロン毛(死語)だったの!?って感じですよ(笑)。

声や歌い方もどことなくデイヴィッド・カヴァデールを彷彿させますね。

まぁ実際はカヴァデールがフィルに似てるってのが正しいんですが。


ライブ全体としてはとにかくアツいですね!

何と言ってもバックに掛かっている「ROCK CONCERT」の幕がサイコーです!←チガウw

この頃から変わらずマーシャルのスタックを並べているのが良いですよね♪

前出の1997年のライブでもそれは変わっていませんね。

小指を全然使わないフィンガリングもこの頃から同じです(笑)。


プレイ自体はまだまだ若い感じですが、この時代ならではの空気感は今はもう無いでしょうね~。

それに、これまた昔の映像なのに画質のクオリティがやたら良いのにビックリです。

YouTubeの有り難さを実感してしまいますね(笑)。



最後にオマケで、UFOの""Doctor,Doctor"をUli Jon Rothと一緒に演奏したライブの映像を紹介しましょう!



これは2001年のライブで、ウリが主催したライブイベントにゲストでUFOとして参加したものです。

DVD化もされてまして、俺も持ってます♪

映像の冒頭はウリの曲に静止画が流れてるだけですが、1:30過ぎから本編が始まります。


まぁ誰もが突っ込むでしょうが、この時のマイケルのルックスは酷い!

ZZ TOPばりのヒゲ面で、ファンならずとも心配してしまうでしょう(汗)。

格好もバスケット選手(しかも怠けてて控え)って感じですよね(笑)。


リハーサルも不十分だったようで、ギターソロの掛け合いをする部分もややぎこちないです。

まだウリが弾いてるんじゃない?ってところで割り込んでくる(?)マイケル(笑)。


しかし、競演が貴重なのは言うまでもありません。

海外ではたまに一緒にライブをやってるみたいですが、日本でもやってくれないですかねぇ。

個人的にはウリは観たことあるんですが、マイケルは未体験ですので、一度は観ておかないとなって感じです。

たとえガッカリする結果になろうとも...




以上です!


いや~、マイケルみたいにキャリアの長いギタリストはホントに紹介する映像・曲が迷っちゃいますね。

そしてまたもや肝心のギタープレイ自体にはほとんど触れていない...

まぁそういうコーナーだと思って下さい(笑)。


次回のギターヒーローはいつ書くかは未定ですが、YJMを取り上げる予定です♪

これまたツッコミどころ満載の人ですから書くのは楽そうです!w


それでは今回はこの辺で!

また次回!!



この記事が面白かった・役に立ったと思ったら、是非クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
まいどです
私がギターを始めた頃のギターヒーローは
リッチーブラックモア
マイケルシェンカー
ゲイリームーア
この3人でファンで分かれていました。(笑)
私はマイケルシェンカーファンで
当時、物凄い影響を受けました。

でもなぜか今、シェンカーの一番好きな曲は
「セイブユアセルフ」です。(笑)
ファンが聞いたら怒りますよね・・・・

そのうちギターソロでもコピーします。
1年以内に。(笑)


私もYJMの記事、書いたことがあります。
お時間がある時にでも
読んでみてください~。
http://tamuramar.blog7.fc2.com/blog-entry-82.html
どうしても笑い話になっちゃいますよね・・・
2010/12/02(木) 23:48 | URL | たむ~ #KHCsObfk[ コメントの編集]
>たむ~さん
その3人が出てくると世代が分かっちゃいますね(笑)。

俺はどれも後追いって感じですが、3人とも好きなギタリストです。
一応知った順で書いてるのでリッチーとマイケルが先に出てきましたが、ゲイリーも近々登場って感じです♪

Save Yourselfはカッコイイ曲だと思います!
実は今回の記事でもライブ映像紹介しようかと迷いましたが、結果的に定番の曲だけになっちゃいました(笑)。
まぁマッコーリー時代なので旧来のファンにはちょっとって感じかも知れませんね...

実はたむ~さんがイングヴェイについて書いた記事は既に読んでました!(笑)
2010/12/03(金) 00:20 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
ワタシが
影響を受けた二大ギタリストのうちの一人です。
もう一人はEVHでして、この二人だけは文句無しに大好きです!
2010/12/03(金) 03:22 | URL | エレギ師 #-[ コメントの編集]
>エレギ師さん
そうでしたか!
やはりマイケルは外せませんよね♪

俺はプレイ面で直接影響を受けたって自覚があるほどではないんですが、好きなアルバムは相当聴いたので無意識的には絶対影響ありそうです。
2010/12/03(金) 03:37 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
ぼくも影響を・・・
受けたとは言えない世代ですが
やはり「into the arena」なんかには驚きました
良い子だった中学生の時、三連符をみて「なんじゃこりゃ」と思った記憶が。
これが入ってたアルバムの邦題は「神(帰って来たフライング・アロウ)」という最悪のものでした

ちなみに、MSGとはテイストの違うスコーピオンズも好みです
在籍時期は短いようですが
2010/12/06(月) 11:38 | URL | ちゃぶまる #-[ コメントの編集]
>ちゃぶまるさん
Into The Arenaはやはり名曲・名演ですね!
特にラストのソロの泣きには大きな衝撃を受けましたね~。

邦題は本文中には敢えて触れませんでしたが、「ん?何これ?」って感じですね(笑)。
神だけならまだ良かった気がしますが...

SCORPIONSはマイケルやウリの在籍していた時の曲はまさにB級バンド全開って感じで、好きな人にはたまらないかも知れませんね(笑)。
アメリカでヒットした後は別バンドって感じがします。
それはそれで好きなんですけど♪
2010/12/06(月) 17:38 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

freaky

Author:freaky
air=旋律・歌って意味です♪

機材レビューやら何やらを中心に書いてます
ご質問やリクエスト等ありましたら、お気軽にコメント欄やメールをご利用下され♪
Thanks 100000 Access!

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

ギター レビュー エフェクター ギター小物 ElevenRack Suhr 歪み オーバードライブ シールドケーブル ギターヒーロー ピック  ギター本体 CD コンプレッサー Fender ブースター バッファー ディストーション POD SHIGEMORI G.O.D V-Picks CrewsManiacSound MasterCompressor Stratocaster ディレイ Bambasic ワウ ファズ ギタリスト 練習ネタ モジュレーション BamBasic スライドバー チューナー DCケーブル メンテナンス エレアコ コーラス ボリュームペダル スケール ペダルボード 

FC2カウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
32位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。