知らなくても良いけど、知ってるとちょっとだけ得しちゃうかも? そんなギター関連の機材ネタ・比較ネタ等マニアックに取り揃えております♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺的ギターヒーロー列伝 Vol.3

どうもこんばんは、freakyです。

最近メインギターであるSuhr Standardの調子がちょっと良くなくなってきたな~と感じたので、メンテナンスに出すことにしました。

このギターをメンテナンスに出すのは実は初めてで、帰ってくるのがとても楽しみです♪
ホントはもっと定期的にメンテナンスに出すべきなんですけどねぇ...


ということで、音源付きのネタも書くことが出来ないので(ストラト使えよって話ですが)、帰ってくるまでは文字とYouTubeに頼るこのコーナー等でしのいでいきたいと思います!(笑)


今回からもうここ↓に写真載せることにしましたw

ランディー

はい、そういうわけで俺的ギターヒーロー列伝の第三回目はこの人、
悲劇のギターヒーロー、Randy Rhoadsです!


またもや説明不要の巨星ですね(笑)。
知らない人はほとんどいないでしょう。

と言っても、俺はQuiet Riot時代はほとんど知らないので、ここでは専らオジー時代について語ることになります。


俺は高校の時にギターを始めたんですが、クラスにギターが弾ける友達がいて、最初の頃は彼に色々教わってました。

ランディー・ローズについても彼から勧められて聴いたのが最初でしたね。

そりゃあもうぶっ飛びましたよ!(笑)

「ここがこうでカッコいい」とかいちいち説明する必要のないカッコ良さとでも言いましょうか。
感覚的に「こいつはカッコいい!」と感じますね。


最初に聴いたのはオジーの1st「BLIZZARD OF OZZ」で、ほどなくライブ盤の「TRIBUTE」を聴きました。
両方ともその友達が持っていたからで、俺もその二枚をかなり愛聴してました♪

恐らく1stより評価の高い「DIARY OF A MADMAN」は、それよりかなり後から聴いたということもあり、俺にとってはランディーと言えば前述の二枚って感じです。
勿論DIARY OF A MADMANも好きですけどね♪



やはり何と言ってもインパクトが強く、心に残った曲は"Mr.Crowley"をおいて他ありませんね!(違う方もいるとは思いますが)

このギターソロはこんなところで声を大にするまでもないのは重々承知ですが、やはりロック史に残る超名演でしょう!

この曲の悲壮感さえ漂うドラマティックなソロは、ギタリストなら誰でも弾きたくなると言っても言い過ぎではないのではないかと思います。
これまでに紹介したエディーやポールには感じられない要素ですね。


ランディーはライブでも比較的にスタジオ盤と同じようなラインでプレイするタイプですが、Mr.Crowleyに関してはやはりライブ盤のソロが最高です♪

特に好きなのが、ライブ盤では4:32辺りからの部分でして(お持ちの方は是非確認をw)、スタジオ盤だと4:28辺りで、同じフレーズを2度繰り返すところがあるんですが、ここがライブ盤だと2度目を少し変えて、高い音域で弾くんですね。

個人的にはこの一瞬が最高に好きで(笑)。

ランディーが好きでない人には特に興味のない話だと思いますが、きっと分かる人は分かってくれるんじゃないかと思います(笑)。


あっ、知らない人のために一応言っときますが、全然難しいフレーズとかではないですよ。

むしろその一瞬だけなら初心者のチョーキングの練習に良いんじゃねえか、ってぐらい簡単だと思います(笑)。


まぁ一応CDを持ってない方の為に、YouTubeの動画を貼っておきますかね。

ランディーは時代が時代なだけに、良い映像というのが全然なくて、あんまり紹介したくない気もしますが仕方ない。



さっき俺が騒いでいたのは、この動画では5:08からのところですね。
そこからの約5秒間の話です(笑)。

ちょっと音質が悪いので、ランディーを知らない人にはあまりオススメ出来ない動画かも知れませんが、動くランディーは非常に貴重ですからね♪

ただ、CDのバージョンよりテンポも遅いので、やはりCDを聴いてもらうのが一番だと思います。

YouTubeには音声だけの動画(静止画?)ならもっと良い音質のやつ(というかCDの音を動画として上げただけ)もあるんですが、ここはひとつ、皆さんにCDを是非買って頂こうということでね(笑)。




そしてMr.Crowley以外にもう一曲と言われたら、やっぱり"Crazy Train"でしょうかね♪



ミーハーみたいな選曲ですが、好きなんだから仕方ない(笑)。

リフ・ソロ共にランディーの代表作と言って良いでしょうね。
アメリカでは未だにスポーツの試合なんかで使われるみたいですね。
純粋なハードロックでこんなに認知されてる曲もなかなかないんじゃないかと思います。

ギター的には決して難し過ぎないところも、ギターキッズの心を捉えた一因でしょう。
頑張れば弾ける、しかもカッコイイ!って感じですよね。

それにしてもこの動画の再生回数ハンパないですね!
現時点で2千万回を超えてます!




さて、ランディーについて他に何を語ろうかってところなんですが、やはり残した作品が少な過ぎる&映像も全然無いっていうことで、意外な曲とか映像もほとんど無いんですよね~。

ということで、いつもより少し短いですが、この辺で締めようかなと。


ランディー大好きって言っておきながら、実は最近はあまり聴いていなかったので、改めてカッコ良さを実感しました♪

亡くなった人に対しては、過剰に神格化してしまいがちなロック界ですが、やはりランディーは偉大ですね。

最後はこの動画でお別れしましょう!



ホントは"Goodbye To Romance"の載せたかったんですが、良いのがなかったので、"I Don't Know"になりました(笑)。

それにしてもオジー若いなぁ(笑)。
この体型と、胸に輝く「OZZY」の刺繍が何とも愛らしいというか憎たらしいというか(笑)。

ランディーはランディーで、やたら胸の開いた全身タイツかってぐらいピッチリした服だし、ベーシスト(ボブ・デイズリーかな?)は真っ赤だし(笑)。


でももうすぐ没後30年になるんですねぇ...
改めて冥福を祈りつつ。


今回はこの辺で。


また次回!!




この記事が面白かった・役に立ったと思ったら、是非クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント
まいどです
ランディローズはもちろん大好きです。
フレーズがめちゃめちゃカッコイイですよね。

確かに難易度は低いのかもしれませんが
それだけに上手い人とそうでない人は
ハッキリとわかってしまいますね・・・

ランディのフレーズは
いまだに頻繁に弾いています。

ベーシストはルディサーゾかな??
2010/11/18(木) 09:40 | URL | たむ~ #KHCsObfk[ コメントの編集]
どうもです!
やっぱランディーは基本ですよね!

俺も未だによく弾きますよ♪
やっぱりカッコイイです。

ベースはルディでしたか。
どっちなのかな~と思いましたが、どっちも顔がうろ覚えで判別出来ませんでした(汗)。
2010/11/18(木) 13:51 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
イイ!
いいですね~

最近アップされた貴重なソロです。
http://www.youtube.com/watch?v=zUfhPtNFM74
2010/11/18(木) 21:37 | URL | えじ #-[ コメントの編集]
ありがとうございます
おお、これは初めて観ました♪
めちゃくちゃレアですね!

それにしてもランディーが小柄なのは知ってましたが、これで見ると特にそれを感じました。

教えて頂きありがとうございます♪
2010/11/18(木) 22:17 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

freaky

Author:freaky
air=旋律・歌って意味です♪

機材レビューやら何やらを中心に書いてます
ご質問やリクエスト等ありましたら、お気軽にコメント欄やメールをご利用下され♪
Thanks 100000 Access!

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

ギター レビュー エフェクター ギター小物 ElevenRack Suhr 歪み オーバードライブ シールドケーブル ギターヒーロー ピック  ギター本体 CD コンプレッサー Fender ブースター バッファー ディストーション POD SHIGEMORI G.O.D V-Picks CrewsManiacSound MasterCompressor Stratocaster ディレイ Bambasic ワウ ファズ ギタリスト 練習ネタ モジュレーション BamBasic スライドバー チューナー DCケーブル メンテナンス エレアコ コーラス ボリュームペダル スケール ペダルボード 

FC2カウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
21位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。