知らなくても良いけど、知ってるとちょっとだけ得しちゃうかも? そんなギター関連の機材ネタ・比較ネタ等マニアックに取り揃えております♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eleven Rackレビュー vol.6 -vs POD XT 中編-

どうもこんばんは、freakyです。

フィギュアスケートの解説の人って凄いですよね。
何であんな一瞬で技や回転数が分かっちゃうんだろう?

ギタリストが音を聴いただけで、スウィープ使ってるとかタッピングしてるとかを言い当てるようなもんなんでしょうかね?
「Am7からEm7へのスウィープアルペジオのコンビネーション、ちょっと途中のG音辺りが明瞭さを欠きましたかね~」
みたいな感じなのか?(笑)

って、そんな話はどうでも良いんですが、どのスポーツ中継も解説の質で面白さが全然違いますよね~ってことです(笑)。


さてさて、今回は前回の記事の続きですよ!

ということは、今回のネタはコレですね♪

pod xt liveeleven rack

ということで、早速Eleven RackとPOD XT Liveの比較の続きをしていきましょう!

今回は実際にサンプル音源を聴いてみて、どう違うのか比べてみたいと思います。

本来は前編・後編の二本立てで記事にする予定だったんですが、サンプルを色々録るうちに、長くなってしまうので3回に分けた方が良いなと思いまして、今回は中編ということでお届けいたします!
後編もなるべく早くUPするつもりなので、良かったらそちらも見て下さいね♪


さて、アンプシミュレーターというのは、名器と呼ばれる過去のアンプをモデリングしていることが多いので、結果的に各メーカーがモデリングの対象にするアンプも同じようなラインナップになっていたりしますよね。

しかし、同じアンプをモデリングしていても、やはり各社の音色は違っています。
そこがメーカーの腕の見せ所であり、使いやすさの違いになってくるのでしょう。

今回の比較では基本的にモデリング元が同じ、もしくは近いアンプを使って比較してみます。

因みにEleven Rackに内蔵されているアンプは数自体が少ないのもあって、そのほとんどがPOD XTの中に入っています。


音源はアンプシミュレーターの定番ネタと言えるFender、Marshall、Vox、Mesa Boogie、Soldanoを用意してみました♪

今回はその中でもローゲインのタイプのサンプルを載せてみます。
ハイゲインタイプは後編の記事をお待ち下さいm(_ _)m


各モデルは同じ年式のアンプをモデリングしているのが多いんですが、やはり元アンプの個体差等もあるのか、つまみを同じ位置にしても歪み量などが違っています。

正確に比較することを考えると、各つまみの位置も揃えた方が良いのかなと思いましたが、実用性というか実戦で使用することを考えて、なるべく近いセッティングを意識しつつ、個人的に良いと思える音が出る位置にして弾きました。

まぁ実際には音作りにそんなに時間を掛けたわけではなく、結構その場のノリなんですが(汗)、ひとつの参考例として捉えていただければと思います。

決して「Eleven Rackの方が気に入ってるから、PODはちょっとイマイチなセッティングにしてやろう」みたいな、スネ夫的なことは考えてませんよ!(笑)


ギターは毎度お馴染みのSuhr Standardです。
基本的にはリアのハムを使って弾いてます。

それから、音源はPro Toolsでレコーディングしているので、Eleven Rackはダイレクトにギターを繋いで録れるんですが、PODの方はインターフェイスとして使用出来ないので、POD XT LiveからEleven Rackに普通にシールドで接続してライン録音しています。

そのため、もしかしたらそこら辺の環境が多少影響があるかも知れないことをご了承下さいませ。



それではまずはFender Deluxe Reverbのモデリングを比べてみましょう!

POD XTのセッティングとサウンドはこんな感じです。
各セッティングはクリックで拡大表示されます。

POD Fender



GearBoxというPC画面上でエディット出来るツールを使っています♪
PODは本体のディスプレイが小さめなので、大きな画面で音作り出来るコレはPODユーザーには必須ですね。
実際に上記の写真を見てもらえれば分かると思いますが、例えば元アンプにMiddleが付いていない場合はつまみが右の方に別枠で表示されるみたいです。


そして、Eleven Rackで同じタイプのモデルのセッティングと音はこんな感じです。

Eleven Rack Fender Deluxe Reverb



如何でしょうか?
両者とも1964年製のアンプをモデリングしているそうです。

ですが、正直全く違う音ですね。
これは俺のプレイが適当だからというわけではなさそうです(笑)。

POD XTの方がブライトでシャリっとした感じのトーンで、Eleven Rackの方は太くふくよかな感じですね。

PODはかなり久しぶりに引っ張りだしてきたんですが、弾き比べた時はあまりの違いに「同じアンプのモデリングだよな?」と、説明書やらHPやらを何度も確認してしまいました(笑)。

どちらが良いのかは好みの問題かも知れませんが、個人的にはやはりEleven Rackの方が艶がある感じがして好みです♪

しかしPOD XTの方が扱いやすいと思う方も少なくないかも知れませんね!



次はプレキシマーシャルのサウンドを比較してみましょう!

PODのセッティングとサウンドはこんな感じ。

POD Marshall Plexi



POD XTではMarshall 1968 Jump Channelをモデリングしているそうです。
他にもMarshall 1968 Variac Plexiというタイプもあるんですが、そちらはEleven Rackのものに比べてもゲインがかなり高いので、こちらを選択しました。
でも個人的にはVariac Plexiの方が使いやすくて好きなんですけどね(笑)。


そしてEleven Rackはこんな感じです。
1969 Marshall 1959 100-Watt Super Leadのモデリングです。

Eleven Rack Plexi



どうでしょう?

これまたかなり印象が違いますね~。
まぁオールドマーシャルは個体差も激しいでしょうけど...

POD XTの方は低音弦が潰れてしまうのが好きじゃないんですよね~。
ハイポジションはそれなりに良いんですが、ローコードを弾くとどうしても音が潰れて濁ってしまうのがきになります。

Eleven Rackの方が全体的に立体感があるように感じます。
歪みの質自体も、PODの方がラインっぽい音と言うか、少しチープな感じですね。

このサンプルではギターのボリュームはフルで弾いてますが、ボリュームを絞った時の音だとより違いが顕著な気がしました。
PODの方はかなり加工感のあるラインくさい音になります。

まぁEleven Rackも本物のアンプと同じか?と言われれば、違うと思いますが、より自然な反応になっているのは間違いないですね。



今回最後のデモはVox AC30 Top Boostです!

それぞれのセッティングとサウンドはこのようになっています。

【POD XT】
POD Vox



【Eleven Rack】
Eleven Rack Vox



POD XTの方は1967年製、Eleven Rackの方は1966年製をモデリングしているようです。

このサンプルでは左チャンネルに写真のセッティングの音、右チャンネルはトーン等はいじらずに単純にゲインを8ぐらいまで上げた音を入れてみました。
フレーズが何だか違うのは無視して下さい(笑)。

そして、一区切り毎にギターのボリュームを絞って弾いています。
大体10→7→2ぐらいのイメージで絞っていき、最後に10まで戻しています。

音量がちょっと違ってしまいましたが、やはりEleven Rackの方が艶や立体感があるのではないでしょうか。

しかし、ゲイン量はPODの方が多いですし、個人的にはPODの音も嫌いではありません。
リードの音はブライアン・メイっぽい感じはすると言ったらQUEENファンに怒られちゃいますかね(笑)。

それと、こう聴いてみるとPOD XTの方がゲインの幅は広いですね。
アルペジオを弾いている音はボリューム10でもEleven Rackより控えめなクランチぐらいですが、リードの方は70年代ロック程度なら対応出来るゲイン量です。

対してEleven Rackの方は、リードの時にはブースターでも踏みたいかなと思いました。
まぁ趣向の問題かも知れませんけど。




以上です!


Eleven Rack vs POD XTの中編、如何だったでしょうか?

総じてEleven Rackの方がクオリティが高いと感じる方が多いと思いますが、これは言ってみれば当たり前かも知れませんね。

価格も倍ぐらい違いますし、発売時期も全然違います。
モデリングの第一人者であるPODと言えども、やはり日々の技術の進歩には勝てません。

実際に弾いたことはないので何とも言えませんが、POD X3や新発売のPOD HDでは更にクオリティが上がっているでしょうしね。
なので、本来はそちらと比較するのが筋なんでしょうけど(汗)。


俺のイメージとしては、PODは昔からローゲイン系のアンプはイマイチで、持ち味はハイゲインタイプにあると感じていました。

やはりデジタルものの宿命として、ディストーションは得意だけど、オーバードライブやクランチはまだまだアナログに勝てないというのが現状のようですね。

なので、特に今回載せたようなローゲインダイプで比較すると、技術の進歩の差が出てしまったと言えるかも知れません。


一つ、中間まとめとして書くならば、PODの方はMarshallやVox等それぞれのアンプの音のイメージを、デフォルメして分かりやすくしているような印象です。
そしてEleven Rackはよりそれらのアンプに近くなっているという気がしました。

まぁ実際にはPODやEleven Rackにモデリングされているような本物のヴィンテージアンプを弾いたことはないので、本当に似てるかは分からないんですけどね(汗)。


とまぁ今回はこんなところで終わりましょうかね。

次回の記事はなるべく早くUPします!
ハイゲイン編もお楽しみに!!


それではまた次回!




Eleven Rack関連記事一覧
Eleven Rackレビュー vol.0 -序章-
Eleven Rackレビュー vol.1 -外観&基本操作-サウンドサンプル付き
Eleven Rackレビュー vol.2 -サウンドサンプル祭り-
Eleven Rackレビュー vol.3 -エフェクター編-
Eleven Rackレビュー vol.4 -Pro Tools上での使用編-
Eleven Rackレビュー vol.5 -vs POD XT 前編-
Eleven Rackレビュー vol.7 -vs POD XT 後編-

この記事が面白かった・役に立ったと思ったら、是非クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
おお!
Eleven Rackは音が太いですね~!
驚きました!!
ワタシはPODproっていう初期のモデルを持ってるんですけど、後輩曰くラックマウントな分POD2よりは音が良いそうです(嘘っぽいですねw

こんなに良い音出るならアンプ要らないかも知れませんね♪
2010/10/25(月) 04:57 | URL | エレギ師 #-[ コメントの編集]
ありがとうございます♪
Eleven Rackの音なかなか良いですよね!
まぁEleven Rackより更に3倍くらいお高いFractal Audioのやつは更に良いらしいですが...

でも一昔前ならシミュレーターはあくまでシミュレーターって感じで、ギタリスト的にはやや抵抗がある場合が多かったですが、最近の機材はホント凄くなりましたね♪

POD proの件はちょっと嘘っぽいかも(笑)
俺もPOD2持ってます。もう全然使ってませんが、初代PODを買って、その後でバージョンアップして中身だけ2.0になったやつですね。
Soldanoのモデリングが一番好きでした♪

2010/10/25(月) 13:48 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
No title
Fractal Audioは本当に本物の音に近いですね・・・
といってもyoutubeのデモをみただけなのですが(笑)

全体的にPODの音はすっきりしすぎてラインっぽい
Eleven rock は音圧がありそれが本物っぽい

って感じですかね・・・?


余談になりますが
昔すごくXTほしいとおもってました
podfarmを使っている今となってはあまり必要に感じたことはないですが(笑)

2010/10/25(月) 20:57 | URL | task #JalddpaA[ コメントの編集]
結構
音が違うんですね。
自分はPOD2.0を後生大事に使ってます。^_^;
一番良く選ぶモデリングはBRIT HI GAINですかね。なんとなく無難な感じ?(笑)
2010/10/25(月) 22:55 | URL | テイルピース #PyFckM9o[ コメントの編集]
Fractal Audioの
Axe Fxは俺もYouTubeのデモしか聴いてないですが、アレにはちょっと驚きましたね~。
是非一度試奏したいと思います♪

確かにPODの音はスッキリし過ぎているのと、やはりエアー感みたいなのがまだまだ足りないですね。
それでもXTは2.0に比べれば進化していると思いましたし、特にレコーディングでは扱いやすい音色なのかと思います。

Eleven Rackはそれに比べるとかなりリアル度が増していますね。
家では固定しちゃってるので、アンプに繋げて弾いたことはないんですが、一度チューブアンプに繋げて弾いてみたいです。
2010/10/25(月) 23:06 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
> テイルピースさん
すみません、コメントのタイミングがかぶってたみたいで気付きませんでした(汗)

確かに自分でも驚くほど違ってましたね。
最近PODを全然使ってなかったっていうのもありますけど。
POD2.0からXTに変えた時よりも「違う!」って感じです(笑)

POD2.0もXTに比べて全て劣っているかと言われれば、そうではないでしょうね。
ただ、例えば同じJCM800のモデリングでもXTと2.0では全然違う音じゃんって思った記憶があります。
どっちが良いかは好みもあるでしょうね~。
2010/10/26(火) 01:52 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
こういったデジものは
日々進化するんで大概は新しいものの方が良いのでしょう。
PODも最新型はまたかなり違う感じですので気になりますね。

いずれにしても本物との比較ができない以上、そういうことは無
視して気に入るかどうかですね。それに耳慣れた音が一番良か
ったりしますから。
2010/10/26(火) 09:05 | URL | テイルピース #PyFckM9o[ コメントの編集]
その通りですね
テクノロジーの進化は日々ハンパないですからね。
POD HDは俺も気になります。
あまりメジャーとは思えないアンプのモデリングが結構入っているのが本気の表れなのかなと。

本物と似ているかどうかは、ある意味関係ないですもんね。
自分の気に入ったトーンが出ればOKですね。

まぁそれでもチューブアンプっぽい動作(ピッキングやボリュームに対する反応など)が出来るかは注目すべきかなとは思います。
モデリングアンプだけしか弾いてないと、いざスタジオで本物を鳴らした時に上手くいかなかったりしますからね~。
2010/10/26(火) 14:43 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

freaky

Author:freaky
air=旋律・歌って意味です♪

機材レビューやら何やらを中心に書いてます
ご質問やリクエスト等ありましたら、お気軽にコメント欄やメールをご利用下され♪
Thanks 100000 Access!

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

ギター レビュー エフェクター ギター小物 ElevenRack Suhr 歪み オーバードライブ シールドケーブル ギターヒーロー ピック  ギター本体 CD コンプレッサー Fender ブースター バッファー ディストーション POD SHIGEMORI G.O.D V-Picks CrewsManiacSound MasterCompressor Stratocaster ディレイ Bambasic ワウ ファズ ギタリスト 練習ネタ モジュレーション BamBasic スライドバー チューナー DCケーブル メンテナンス エレアコ コーラス ボリュームペダル スケール ペダルボード 

FC2カウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
32位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。