知らなくても良いけど、知ってるとちょっとだけ得しちゃうかも? そんなギター関連の機材ネタ・比較ネタ等マニアックに取り揃えております♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピック比較企画 後編 ~個性派ピック編~

どうもこんばんは。freakyです。


え~、今回はピック比較企画の後編を書きたいと思います。

前編を録った時は結構時間がかかっちゃったので、後編を書くのはもう少し後になるかと思ったんですが、案外サクッと出来たので早速書きます。
やっぱフレーズやセッティングが決まっていたので早かったですね。


前編は人気が高いと思われるポピュラーなピックを中心に取り上げたので、ギタリストの方なら何枚かは実際に弾いたことがあるピックかなと思いますが、今回のラインナップは前回のものと素材や厚さが異なる別バージョンであったり、もしくはかなりマニアックなピックであったりと、ちょっと個性的なタイプを用意しました♪


前回の予告でも登場しましたが、ラインナップはこんな感じです。

ピック試奏2


ではイッテみましょう!

それでは早速一番手から聴いてみましょう!
使用ギター諸々は前回と全て同じです。


まず最初はコチラ!
Fender Thin



前回にも登場したFenderのClassic Celluloidシリーズから、厚さ違いを用意してみました。
前回のはHEAVYでしたが、今回はTHINです。
素材は同じセルロイドなので、触感は同じではありますが、厚さが全然違うので持ち比べてみるとTHINは何かおもちゃっぽいというか、何となくチャチな感じがしますね。
薄い下敷きみたいです。

これで100円は高くないか!?(笑)

ところで皆さんはTHINのピックって使いますか?
俺は普段使用するピックが分厚いこともあり、ここまで薄いと違和感がハンパないです(笑)
アコギでストロークを軽やかにやりたかったらマッチするかも知れませんが、弦の細いエレクトリックでは生音で弾いた段階ではちょっと芯の無いトーンになってしまいそうな不安があります。

しかし、実際に録れた音を聴くとどうでしょう?
意外とイケますね(笑)
HEAVYのサウンドと比べてみると、音の硬さがなくなり柔らかくなった印象です。
特にカッティングの方は案外好みのサウンドです♪

エディー・ヴァン・ヘイレンなんかは非常に薄いピックを使うことでも有名ですが、あの世界一のサウンドと言っても過言ではないブラウンサウンドの一端を担っているのかもしれないと思うと、THINというのもなかなか侮れないのかなと思いました。
弦の抵抗に逆らわずによくしなるので、ストロークやカッティングには良いかも知れません。

ただ、速弾きやメタリックな刻みはかなり厳しいです...(当たり前。)



お次も薄いピックです♪
Claytonピック



これも前回登場したClaytonのUltem Goldというピックですね。
ただし、こちらも厚さが1.07→0.56mmになっています。

先ほどのFenderと同じくらいの厚さなんですが、素材の差もあってか、こちらの方が少し硬く感じます。
なので、ややしなりが少なくなりますね。

トーンの方もやはりFenderと同傾向ですね。
厚いピックの方が硬い分、音色も硬く鋭くなります。
Fenderに比べると弾き心地はやや引っ掛かる感がありますが、これは素材の違いでしょうね。

こう聴くと薄いピックもなかなか良いなと思いますが、弦を振り抜く時のアタックの感触が非常に弱くなってしまうので、タイトに弾くのがちょっと難しくなりますね~。
また、ピックのしなりが多い分、弦に簡単に負けてくれて、カッティングの際などある程度荒っぽく弾いても音の粒が揃いやすいんですが、逆にテキトーに弾いても何とかなるとも言えるので、練習には良くない気がしますね。
常に薄いピックで弾く方なら関係ないかも知れませんが、厚めのピックをメインにしているなら、やはりその厚さで弾いても薄いピックで弾いているようなトーンが出せるように練習する方が良いと思います。

俺も今後はレコーディング等で使ってみようかなと思います。



では、次はピック界最大手メーカーのJim Dunlopから♪
Ultex



前回登場したJazz3の別素材バージョンですね。
素材はウルテックスというものですが、恐らくClaytonのウルテムと同じかなと。

形は赤いJazz3と同様ですが、素材が違うので、あのツルツルした感触はなく、むしろかなり滑りにくいピックになっています。
他のウルテム/ウルテックスのピックもそうなんですが、この素材は弦を振り抜く時に引っ掛かる感じが強いですね。
赤いJazz3はかなりスルッと抜ける印象だったので、Jazz3のそういう面が好きな方には合わないかも知れません。

トーンも赤に比べるとカラッと乾いた感じになります。
個人的にはこのUltexの方が好みですが、ここは人によって分かれそうですね。
でも、Jazz3好きなら試して損はないでしょう♪



続いても同じくJim Dunlopからコチラ!
Jazztone



Jazztoneという名のピックの中の205という型です。
これは以前に紹介しましたが、V-Picksを使う前はコレをメインで使ってました。

かなり小さく分厚いタイプです。
恐らく2mmぐらいかな?正確な情報が無くて分からなかったですが。

素材はTortex Pitch Black Jazz等と同じトーテックスのようですね。
WEB上で調べても、Tortex Pitch Black JazzやJazz3に比べると使っている方はあまりいないようですね。
メインで使っていた頃は、売っていない店なんかもあったので、やっぱマニアックなピックなんだな~とちょっと困りつつもほくそ笑んでました(笑)

「ジャズギタリストに求められる正確なタッチニュアンスを出すために開発されたモデル」という説明があるように、ジャズ向きのファットなトーンが持ち味です。
クリーントーンだけでなく、ディストーションサウンドでも太い音になるので、特にリードプレイにはピッタリではないでしょうか。
先端に向かって鋭角ではなく、やや丸みを帯びた形状なんですが、ピックの先で弦を点で捉えるような感覚で弾けるので、正確なプレイにもってこいという感じです。

ピックの形状は他のどれとも似てないので、弾き心地はどうなんだろうと思うかも知れませんが、個人的にはソロもコードも問題無く弾けますね。
素材のおかげか、かなり滑りにくいです。
まぁ速いカッティングなどは決してやりやすくはないですが...
慣れれば何とかなります。



次は例のハッパですw
PEI



PICKBOYから発売されているHI-MODULOUS PEIというピックです。
PEIは新素材で、例によって「べっ甲に近い素材」ってやつですので、ウルテムなんかと同じ系統なんでしょうか。
PEIとはポリエテールイミドの略のようですが、そう言われても全く分かりませんな(笑)

トーンはやはりウルテム系特有のカラッとした感じの音で、低域はやや少なめな印象でした。
カーボンナイロンのものと比べると、やはりこの手の素材特有の引っ掛かる感じがあるので、弦離れという点では一歩劣るかなと思います。
何と言うかアタックの瞬間に少し重たい感じがする気がします。
上手く伝わると良いんですが...

例のハッパ加工もあって、俺にとってはあまり弾き心地は良くないんですが、カーボンナイロンのピックを使っている方なら、トーンのバリエーションという意味でも、持っていて損は無さそうです。



次はちょっと変わり種ですよ!
IKM



IKMというメーカーのピックです。
今回のラインナップでも一番知られてなさそうな気が...
メーカーサイトはコチラですので、よかったら見てみて下さい。

HEXAGON 3Gという型のBROWNですね。
かなり特徴的な形をしています。
鋭い角が3カ所あるので、ある意味オニギリ型の発展版とも言えるかも知れません。

BROWNというのはEVHでお馴染みのブラウンサウンドのことなんですが、その他にもCLEANとDISTORTIONもラインナップされてます。
一応それ風のトーンが出るってことですかね。
俺は一応全種類持ってるんですが、CLEANが一番薄くて、DISTORTIONが一番厚いですね。

素材はDDT(デュランティ ダイアモンド トーン)というオリジナルの複合プラスチック素材のようです。
メーカーサイト他で色々蘊蓄が書いてあるので、興味があったらググってみて下さいね(笑)

個人的にはトーン自体はなかなか好みなんですが、表面が結構滑る感じがするので、結局使ってません(笑)
耐久性も高いと書いてありますが、400円は正直ちょっと高いかなという印象です。
これならV-Picksで良いかなぁと(笑)

でも、ウルテム系のトーンが好きな方にはオススメ出来ます。
気になったら一度チェックしてみて下さい♪



次はイチ押しのV-Picksから、先日手に入れた2つを!
Dimension JuniorDiamond





こちらで紹介したDimension Junior UnbuffedとDiamond Pointedですね。
V-Picksの中でもお高いシリーズの2枚です。
弾き心地等の印象については先日の記事を参照していただければと思いますが、両方とも4.1mmという驚異的な厚みに反してかなり弾きやすいですよ♪

エッジ部分がかなり鋭くなっていることもあり、弦離れもよく、V-Picks特有のスッとした振り抜き加減がかなり病み付きになります。

とりあえず無くさないように大事に使いたいと思います!(笑)



では、最後にオマケのもう一枚♪
Boneピック



PICKBOYから発売されているUNIQUE MATERIAL EXOTIC というシリーズで、Genuine Boneと書いてあるので「本物の骨」ってことですかね。

この画像ではちょっと分かりにくいですが、最初の写真だと親指が当たる部分が凹んでいるのが分かりますでしょうか?
また、人差し指が当たる裏側にも溝があり、そこに指を合わせろってことなんでしょうけど、初心者ならともかく、こういった仕様は「小さな親切、大きなお世話」って気がしますね(失礼!)

特に俺は基本的に3本指でピックを持つので、余計にそんな感じですね~。
じゃあ買うなよって話ですが(笑)
一応ネタで買っちゃいましたw

骨で出来ているせいか、普通のピックにはない温かみを指に感じます。
だからと言って弾きやすくはないですけど(笑)

一見すると普通のティアドロップに見えますが、エッジ部分も立体的な処理が施されていて(ハンドメイドらしいです)、素材も変わっていますのでかなり個性的なトーンがするのかなと思いますが、聴いてみるとまぁ普通ですね(笑)




以上です!

ここまで色々ピックを弾き比べてきましたが、
何が一番かというのはやはり人それぞれ
という結論になりそうですね~。


つまんねぇ(笑)


素材・形状など色々と音色や弾きやすさに関わる要素があり、追求しだすと切りがないですよね。
今回この企画でも色々弾いてレコーディングしてみましたが、その結果を一つ出すならば、弾きやすいピックを選ぶのが一番良いと思います。

音色を構成する要素はピック以外にも様々あり、エフェクターやアンプ、ギター本体等で色々と調整出来ます。
また、ピッキングが確立すればするほど、何を弾いてもその人のトーンになったりしますよね。

更に今回色々な素材や形状を試しましたが、どれも当然ギターの音がするし、個性的なピックでもおかしな音にはならないというのが分かります。


しかし、肉体的に弾きやすいと感じる要素は、右手に関しては極論を言えば『弦とピック』です。
まぁボディーの形状なんかも見逃せませんけど。

これはあくまで俺の持論なので、違うと思う人もいるかも知れませんが、それでもピックが弾きやすさの大きな割合を占めているのは間違いないと思います。
指が直接触れる部分ですからね。


そんなわけで、皆さんもこれを機に色々弾きやすいピックを探してみるのも良いかも知れませんよ♪
もしかしたら、今以上のピックが見つかるかも!?

でも、そんなことしないで、練習に時間を費やすのが最もクレバーなギタリストだと思いますけどね!(笑)



というわけで、今回はこの辺で。
また次回!!




この記事が面白かった・役に立ったと思ったら、是非クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
ピックは
奥が深いものなのかもしれませんね。
自分はそこまでの境地に達していませんが、人によってはピックはギターを
弾く上でかなり上位の条件だったりするみたいです。

ほとんどのピックはそれほど高いものでもないので好奇心を持っていろいろ
と試してみる方が良さそうですね。(^.^)
2010/09/21(火) 08:33 | URL | テイルピース #PyFckM9o[ コメントの編集]
そうですね~
エフェクター代わりにピックを使い分けるって人もいますし、追求するとかなり深みにはまりそうです。
特にレコーディングともなれば、フレーズに一番合う音色のピックを選択するのが良いかも知れませんね。

ギター本体やアンプだけでなく、こういった小さな部分でも違いが出てくるので本当に奥が深いです。
ネジの締め方一つで音が変わるって話ですし...(汗)

仰る通り、ピックはギター関連の中でも一番お手頃なので、俺も懲りずに色々試してみようと思います♪
2010/09/21(火) 14:58 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

freaky

Author:freaky
air=旋律・歌って意味です♪

機材レビューやら何やらを中心に書いてます
ご質問やリクエスト等ありましたら、お気軽にコメント欄やメールをご利用下され♪
Thanks 100000 Access!

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

ギター レビュー エフェクター ギター小物 ElevenRack Suhr 歪み オーバードライブ シールドケーブル ギターヒーロー ピック  ギター本体 CD コンプレッサー Fender ブースター バッファー ディストーション POD SHIGEMORI G.O.D V-Picks CrewsManiacSound MasterCompressor Stratocaster ディレイ Bambasic ワウ ファズ ギタリスト 練習ネタ モジュレーション BamBasic スライドバー チューナー DCケーブル メンテナンス エレアコ コーラス ボリュームペダル スケール ペダルボード 

FC2カウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
32位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。