知らなくても良いけど、知ってるとちょっとだけ得しちゃうかも? そんなギター関連の機材ネタ・比較ネタ等マニアックに取り揃えております♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pure Tone

どうもこんばんは、freakyです。

またまた更新までに間が空いてしまいました(汗)。
全然元気なんですが、ネタがなかなか決まらなくて...

って、毎回こんな書き出しで始めるのも心苦しいですね(- -;)


というわけで早速本題に入りましょう!w


今回のネタはコチラです!

Pure Tone

というわけで、今回はVisual Sound Pure Toneの紹介です!

これはまだ発売されたばかりの新製品ですね♪
このブログで新製品を紹介するなんて極めて珍しいですよ(笑)。


Visual Soundはアメリカのメーカーで、ホームベース型のペダルや1 Spot Power Supplyで有名ですね。
このPure ToneはVisual SoundのCustom Shop名義製品の第一弾のようです。

ところで最近Custom Shopって付けるの流行なんですかね?(笑)
XoticやNoah'sarkもそんな製品をリリースしましたね~。



改めて全体の写真を見てみましょう♪

Pure Tone

このPure Toneは一体何なのかというと、信号をローインピーダンスに変換するためのバッファー/ラインドライバーですね。

バッファーが何かなんて説明は今更聞きたくないと思いますので割愛しますが(笑)、実際の効果がどれほどかというのは気になってる方も少なくないと思います。

Visual Soundのエフェクターは基本的にトゥルーバイパスではなく、バッファーが内蔵されているタイプなんですが、そのバッファー部分のみを取り出したのがこのPure Toneとのことですね。


このバッファーは非常に小型の筐体で、電池駆動は出来ません。
センターマイナスの9Vで動作します。

まぁバッファーって基本的には常時ONにするものですし、電池駆動よりアダプターの方が安定して動かせますからね。

足下に1,2個ぐらいしかペダルを置かない場合はいちいちアダプターやサプライを用意するのは面倒でしょうけど、複数使用する方ならパワーサプライで電源供給している場合が多いですから、それほど負担になることもないかなと。

そもそも1,2個しか使わない人にはバッファーのありがたみもあまりないかも知れませんけどね(笑)。


Pure Tone

電池は使えないと書いておいてナンですが、大きさ比較の為に電池と並べてみました(笑)。

かなり小さいことが分かりますね♪

先ほども書きましたが、バッファーってOn/Offはあまりしないので、筐体は小さい方が良いですよね!

正直見た目はあんまりカッコ良くないんですが(笑)、これならPedaltrainを使ってる方なら裏に隠したり出来そうですw



因みに裏蓋を開けるとこんな感じです。

Pure Tone

かなり小さい基板なので、きっとシンプルな仕組みなんでしょう。

入出力ジャックのおかげで電池は入りそうもありませんね。

こんな中身なので、全体としてもとても軽いです♪
多分9V電池とそんなに差がないぐらいかな?



さて、肝心の音色についてですが、バッファーというのは単体で評価するものではなく、幾つかのペダルを通してみてこそ真価が分かるってもんですよね。

これについては次回以降マニアック実験室で色々検証したいと思います!


ただ、少し使ってみた感想としては、かなり好感触です♪

一応楽器屋でも試奏してみたんですが、ちょうど試したいと思っていたJIM DUNLOPのボリュームペダルも置いてあったので、一緒に繋いでみたんですよ。

ボリュームペダルというのは構造上少なからずハイが削れてしまったり、音が痩せてしまったりするというのは以前にERNIE BALLのペダルを書いた時の音源に載せましたが、やはり比較的新しい製品であるDUNLOPのボリュームペダルでも然りでした。

ERNIE BALL #6166も比較の為に用意してもらって試奏したんですが、劣化具合にそんなに大きな差はないかなという気がしましたね。

そこにこのPure Toneを繋いでみたんですが、これが効果覿面♪
誰が聴いても高域のハリ具合が違っていると分かると思います。

早速お持ち帰りし(笑)、自宅でも自分のボードの先頭に入れてみたところ、小音量でも違いは明らかですね。

弦の一本一本がくっきりする感じです。
これが解像度が上がったってやつでしょうね。

バッファーを通すと音としては全体的にハイファイな印象になるので、誰もが好きな変化かどうかは分かりませんが、沢山のペダルを並べる方にはやはり必要だと思います。

個人的には気になってるバッファーがもう一つあって、それもそのうち買いたいな~とは思ってるんですが、バッファーが複数ある場合、どんな接続順にすると効果的か、なんて検証するのもこのブログらしくていいですよね(笑)。

この点は期待せずお待ち下さい(笑)。


あっ、余談ですが、DUNLOPのDVP-1は結構良かったです♪

筐体のサイズや重量はERNIE BALLに引けを取らず、結構なもんですので、省スペースには全くなりませんが、ペダルのスムーズな動きはとてもいい感じでした!
こちらもそのうち買いたいと思ってます♪




以上です!


いや~、早く更新しなければという思いとは裏腹に、なかなか書き上がらなくて。

途中まで書いてあるネタは結構あるんですけどねぇ。

しかし、このPure Toneを手に入れたことで、ネタ的にも少し活路が見出せそうです(笑)。


よかったらまた読みに来てください♪


それでは今回はこの辺で!


また次回!!



この記事が面白かった・役に立ったと思ったら、是非クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
これは楽しみです!
ぼくの場合たくさんはエフェクターを繋がないのですが
やはり音のハリなど気になる所があり
しばらく前からバッファーが気になっています。

バッファー入門者として勉強させていただきます!
2011/04/16(土) 16:07 | URL | ちゃぶまる #-[ コメントの編集]
>ちゃぶまるさん
バッファー気になりますか♪
とりあえず自宅で色々繋いだり外したりを繰り返して試してますが、かなり良いですよ!
価格も安いし、俺も含めてバッファー入門にはピッタリです♪

あとは上手く効果が分かるようなサンプルを録るだけ...w
2011/04/16(土) 21:02 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
No title
バッファーですね。(^^)
長いこと外で弾いていないし、元々エフェクトを多用しなかったので、考えたことのない分野でした。

もし私がエフェクトはハマると・・・抜け出せない道になりそう?!
(^^;
2011/04/23(土) 22:46 | URL | TK #NeBVXcVU[ コメントの編集]
>TKさん
確かにTKさんといえば機材より腕で勝負するって感じがしますね!
俺も見習いたいです♪
どうもはまるとついついこだわってしまう性格で...(^ ^;)

でもたまにペダルで遊んでみると案外楽しいですよw
2011/04/24(日) 00:59 | URL | freaky #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Pure Tone】

どうもこんばんは、freakyです。またまた更新までに間が空いてしまいました(汗)。全然元気なんですが、ネタがなかなか決まらなくて...って、毎回こんな書き出しで始めるのも心苦しいですね(- -;)というわけで早速本題に入りましょう!w今回のネタはコチラです!
プロフィール

freaky

Author:freaky
air=旋律・歌って意味です♪

機材レビューやら何やらを中心に書いてます
ご質問やリクエスト等ありましたら、お気軽にコメント欄やメールをご利用下され♪
Thanks 100000 Access!

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

ギター レビュー エフェクター ギター小物 ElevenRack Suhr 歪み オーバードライブ シールドケーブル ギターヒーロー ピック  ギター本体 CD コンプレッサー Fender ブースター バッファー ディストーション POD SHIGEMORI G.O.D V-Picks CrewsManiacSound MasterCompressor Stratocaster ディレイ Bambasic ワウ ファズ ギタリスト 練習ネタ モジュレーション BamBasic スライドバー チューナー DCケーブル メンテナンス エレアコ コーラス ボリュームペダル スケール ペダルボード 

FC2カウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
22位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。